2010年7月8日(木) 近江鉄道「ビア電」

いつごろから始まったのか分からないが、「宴会」が楽しめる貸し切り電車(列車)がローカル私鉄で運行されている話をよく聞くようになった。
 滋賀県にある、近江鉄道、京阪電鉄石山坂本線、信楽高原鐵道の3つの私鉄とも、そういった列車が運行されている。

20100708-2

猛暑に見舞われていた2010年7月のある日、近江鉄道の彦根駅を訪れた。ホームの横にある車庫には、この日に乗車予定の「ビール電車=ビア電」が停車していた。
 窓から見える車内では、ビール会社の衣装を来た女性や男性が、準備をしている様子が見えた。

20100708-1

ホームに「臨時」のサボと「ビア電」のヘッドマークを掲げた電車が入線してきた。

20100708-4

車内にはカウンターが設けられていた。

20100708-5

夕方とはいえ、夏至を過ぎたばかりの頃だったので、まだ外は明るい。

20100708-6

彦根を出発し、東海道線沿いから離れて、周囲に田園風景が広がったところで、車内のあちこちで「乾杯」が始まった。

20100708-3

車内ではジャズなどの演奏も披露されていた。ローカル私鉄である近江鉄道は、路盤の状況がそれほど良いとは言えず、結構、横揺れが酷いのだが、それがアルコールによる酔いにより影響するのかどうかは…やはり人によって違うのだろうか。

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。