1989年2月6日(月) 深名線

世の中が平成に変わって1ヶ月が経とうとしていた頃、周遊券を手に真冬の北海道を訪れた。当時、自分が通っていた大学は1月から4月半ばまで全く授業が無く、1月末から2月はじめにかけて一週間ほどの間に試験があるのみで、あとは自由に過ごすことが出来た。今から考えると、恐ろしく「自由」な時だったと思う。

19890206-1

当時、赤字「日本一」で知られていた深名線に乗るために訪れた名寄駅の0番ホームに、ポツンと1両編成のキハ53が止まっていた。

19890206-2

冬の北海道の日暮れは早い。次第に夕方の気配が漂ってくるが、名寄から進むにつれて積雪はどんどん増えていく。

19890206-3

北母子里駅で、乗客の大半が降りていった。

19890206-4

DD14のロータリー除雪車がかき分けたであろう線路を進むが、スノープロウが雪をかく「シャーッ」という音が頻繁に聞こえていた。

19890206-5

車窓はすっかり真っ暗になったが、乗客も他には1人が乗るだけになってしまっていた。

19890206-6

朱鞠内駅に到着。ここで対向の列車と交換。

19890206-8

どちらも1両編成で、どちらも乗客は片手で数えられるほどしかなかった。

19890206-7

真っ暗になった線路沿いを、先ほど列車を降りた乗客が歩いていった。道路が除雪してないので、除雪してある線路が「通り道」になっているらしかったが、今だとそういうのは許されないことだろう。

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。