1985年1月15日(火・祝) 近鉄・橿原神宮前駅

昭和が60年目を迎えた1985年の1月、大阪にある大学を受験するため、京都駅から近鉄京都線の急行に乗り、奈良の橿原神宮前駅へ向かった。
 通常、京都から大阪へ行くには、国鉄(現JR)や阪急、京阪を利用して行くのが普通で、その行き先が大阪府南部であっても、多くの人がそのコースで向かうことだろう。
 しかし、大阪府南部でも近鉄沿線が行き先である場合は、その近鉄を利用して奈良経由で行けば、結果的に乗り換え回数も少なく、きっぷも1枚で済むので安く行けた。

19850115-1

京都駅を出発した急行は、1時間15分ほどで終点の橿原神宮前駅に到着した。
 同じ区間を走る特急を利用すれば1時間で行けるが、近鉄の特急は有料で「特急券」が必要だ。

19850115-4

この頃、京都と奈良方面を結ぶ急行も普通も、見るからに単調な近鉄マルーン一色に塗られた電車で、どれも3両か4両編成で走っていた。既に近鉄京都線の前身である旧奈良電鉄時代の車両の姿は無く、走っている車両にバラエティさはあまり無かった。

19850115-3

橿原神宮前駅から大阪あべの橋へ向かう路線は「南大阪線」と呼ばれ、出自の違いから線路幅が異なっており、乗り換えが必須だった。京都から橿原神宮前までの路線は1435ミリの標準軌だが、南大阪線の方は国鉄と同じ狭軌の1067ミリ幅である。

19850115-2

とはいえ、こちらの路線も、来る電車がどれも近鉄マルーン一色で、見た目には殆ど差が無かったので、よっぽどコアなファンでも無ければ、興味をひかないだろうな、と思った。

19850115-5

この当時は、まだ方向幕を装備した電車は半数あるかないかで、金属製の行き先表示板がバリバリの現役であり、ホームの両端に置き場があった。今だと、この保管方法では簡単に盗難されてしまいそうだが、この頃は珍しいものでもなかったので、こんな感じで済んでいたのだろう。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。