1981年12月29日(土) 丸亀駅

1981(昭和56)年の年末、母方の実家があった岡山県倉敷市に家族で帰省した時のこと。
 年末年始は、いつもクリスマスには帰省して大晦日まで滞在するのが常だった。親戚が当地で造り酒屋をやっていたこともあり、年末には従業員が総出で餅つきをしたりで、それは賑やかだった。

19811229-14

京都へ帰る日が近付いてきた12月29日、同じように帰省していた従兄弟らと一緒に、祖父に連れられて、近くを走っていた下津井電鉄に乗って下津井駅へ向かい、そこから船に乗って対岸の四国・丸亀へ向かった。日帰りで金比羅山まで観光するのが目的だった。
 この日の朝は暖かく、霧が出ていた。濃霧注意報が出ており、真っ白になった瀬戸内海を進む船からは、眺望が全く楽しめなかった。

19811229-1
19811229-10

当時、四国には電化された路線が全く無く、走っている列車と言えば、ディーセル機関車にけん引された客車か貨車、それと気動車だけで、鉄道ファンには「非電化王国」などと言われていた。
 当然、特急も急行も気動車ばかりだったが、中でも急行に使われている車両の方は、キハ28・58系が主流なものの、他系列も混じっていて、けっこうバラエティに富んでいた。

19811229-9

普通列車では、まだ旧型客車が活躍していたが、けん引するディーゼル機関車の方は、ちょうどDF50からDE10に置き換えが進んでいる最中だった。

19811229-2

同じ普通列車に気動車も使われていたが、こちらもキハ10系が姿を消そうとしていた頃で、キハ20系や真新しいキハ47系の姿も見られた。

19811229-3
19811229-8

貨物列車も、客車列車も、先頭に見えるのはDE10ばかりだった。まだDF50が使われている筈だったが、なんとも運が悪かった。

19811229-12

しばらく駅近くの踏切で撮影した後、丸亀駅へ移動する。当時は、特急よりも急行の方が本数が多く、この時は一度も特急を見ることが出来なかった。

19811229-7

珍しくキハ26・55系が先頭に立つ急行「うわじま」が姿を見せた。

19811229-11

琴平方面へ向かうキハ20系が先頭に立つ普通列車がやって来たので、それに乗り込む。

19811229-5
19811229-6

丸亀の隣の多度津駅で、車窓からDF50が見えたかと思うと、次には普通列車をけん引するDF50ともすれ違った。もう少し丸亀で待っていたら、ちゃんと撮れたかもしれないが、なにぶんにも祖父や従兄弟と一緒で行動している時なので、それは仕方のないことだった。むしろ、丸亀駅で、しばらく撮影に付き合ってもらっただけでも、ありがたいことではあった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。