1978年2月12日(日) 京都市電

1978(昭和53)年2月12日の日曜日、その日は朝から京都駅へ撮影に出掛けたが、フィルムが余っていたので、帰宅後に自宅近所を走っていた市電を撮りに出掛けた。

19780212-30

このとき、既に9月30日をもって市電が全廃されることが決まっており、残り半年余りという時だった。

19780212-31

当時の電停(=電車停留所)に掲げられた時刻表を見ると、昼間の時間帯でも、2系統合わせて1時間に8本も運行されている。これは、今の市バスよりも本数が多いかもしれない。

19780212-34

市電が来る度、お客さんが10人前後は乗り降りしていた。そう考えると、けっこう利用者がいたように思う。

19780212-32

冬の夕暮れは早い。暗くなってきたので、流し撮りで撮影した。

19780212-33

洛北高校前の交差点だが、よく見ると、市電の横にクルマが直進と右左折を合わせて3列で並んでいる。市電の分を合わせたら4車線分あるようにも見えるが、同じ北大路通で今、4列もクルマが並ぶだろうか。そう思うと、当時のクルマは車幅が狭かったとも言えるが、そうは言っても、1台につき10cmも変わらないはずなので不思議である。

撮影したフィルムを早く現像に出したかったものの、余っている分を撮影しておかないともったいない、と思って撮った市電の写真だったが、これも40年が過ぎた今、とても貴重なものとなった。もちろん、小学生の当時は、よもやそんな風になるとは思わず、シャッターを切っていたのだった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。