1987年11月23日(月・祝) 叡山電鉄・鞍馬線

11月にある2つの祝日のうち、23日の「勤労感謝の日」の頃、京都市内は毎年のように紅葉を愛でる観光客で大混雑するが、それは今も昔も変わらない。
 が、人の数で言えば、京都に生まれ育って50年を過ぎた自分の感覚では、倍以上に増えたように思える。昔も確かに混んでいたが、今ほどではなかったように思う。

1987(昭和62)年11月の「勤労感謝の日」は、原付きバイクに乗って叡山電鉄を撮りに出掛けた。

19871123-1

二ノ瀬駅で待っていると、単行のデオ200型が姿を見せた。
 後ろに見える北山の山々は、杉林が主体なので青々としていたが、所々にある広葉樹が色付いていて、まだら模様になって見えていた。

19871123-3

二ノ瀬駅のホーム横には、1本のモミジの木が植えてあり、真っ赤に色付いていた。
 この木は今もあり、30年以上が経った今、一回りも二回りも大きくなっているのだが、電車と木の間にあるホーム上に待合室が出来たため、当時のような「電車と紅葉」のシンプルな風景は失われた。

19871123-4

この日はデオ200型の単行ばかりだったが、今ではこの区間で単行の電車は殆ど見ることが出来なくなった。

19871123-2

今でこそ、市原駅と二ノ瀬駅の間に「紅葉のトンネル」なるものがあって観光客に大人気だが、当時はもちろん、そのようなものは無かった。

19871123-5

帰り際に木野駅付近でデナ21型を撮影する。当時は今と駅の位置が異なり、府立北稜高校のすぐ横にホームがあった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。