1987年3月8日(日)  津軽線・三厩駅

1987(昭和62)年の春、東北方面を旅した際、青森県の津軽半島を走る津軽線へ乗りに行った。
 鉄道写真を撮るので「撮り鉄」である自分だったが、乗る方の「乗り鉄」も同じぐらいか、それ以上に好きだったので、まだ未踏の地へ出掛けることは、撮影以上に興味があった。

津軽線は、今でこそ青函トンネルに繋がるルートとして知られているが、当時はトンネルが出来る前で、単なるローカル線の一つに過ぎなかった。

19870308-32

青森駅で待っていると、真新しいEF81とDE10が重連になった貨物列車が姿を見せた。まあ、重連と言っても、次位機のDE10は単なる回送だったかもしれない。

19870308-33

と思ったら、たった3両の客車普通列車に、これまたEF81が重連で先頭になっていた。こちらは次位機のパンタグラフも上がっているので、間違いなく「重連」だったが、そもそも3両の客車を引っ張るのに重連である必要性は全く無いので、これまた回送を兼ねてだろう。

19870308-36

津軽線の普通列車は、寒冷地仕様のキハ22の2両編成だった。

19870308-34

最近になって「白帯」が追加されたらしく、元から書いてあった表記の上に重なっていた。

19870308-35

終点の三厩駅は、この当時は「みうまや」と読んでいたが、この撮影から4年後の1991(平成3)年に「みんまや」に変わった。地元での津軽弁で聞こえる読み方(音)に近付けた訳だろうが、こういうのは、きっと珍しいケースだろう。

19870308-37

駅前には、これといったものが見当たらず、寂しい感じがした。この当時でも、一日の乗降人員は100人を切っていたが、列車運行上の必要性で、駅員のいる「有人駅」だった。

19870308-31

時刻表などの地図では、津軽半島の先端に近い場所にある駅のように描かれていたが、実際には海なんか全く見えない場所にあった。

19870308-38

近くには、青函トンネルの工事用道路があった。

青森へ戻った後、駅前の食堂で夕食を摂ったが、余りにも味付けが塩っ辛いので驚かされた。
 薄味に慣れた関西人の自分には、とにかく塩味がきつく、汁物は殆ど飲むことが出来なかったが、あれから30年以上も経った今も、やはり同じような味付けなのだろうか。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。