1981年5月29日(金) 京都市営地下鉄開業

1978(昭和53)年の9月30日に京都市電が全廃になってしばらくの間、京都市内の公共交通機関と言えば、市バスかタクシーしかない時代が続いていた。
 もちろん、その間には京都駅と北大路駅を結ぶ京都市営地下鉄・烏丸線の工事が着々と進んでいた。そして、1981(昭和56)年5月29日に、開業の日を迎えた。

19810529-2

当時、中学生だった自分は、1番電車に乗ろうと、友人3人と前夜から京都駅に並びに行った。
 翌日は金曜日なので授業があり、1番電車で京都駅から北大路駅まで乗り込んだ後、一旦家に帰ってから登校するつもりだった。

木曜日の午後8時頃、京都駅に着くと、既に改札口前で並んでいる人たちがいた。聞けば、京都にある大学の鉄道研究会の方々だった。
 その後ろに並ばせてもらったが、1番電車が出るまでは、まだまだ時間があった。当時は持ち運びできる携帯ゲーム機も無ければ、スマホも無かった時代だったから、時間つぶしには花札やトランプするのが定番だったが、大学生たちは麻雀していたので驚かされた。まあ、そんな時代だった。

夜中になり、急速にお腹が空いて来た。まだ、コンビニも無い時代である。
 駅の近くに深夜まで営業しているラーメン屋があると大学生の人たちに教えてもらった。親切な大学生の方々は、場所をとっといてやるとまで言われたので、その言葉に甘えて、友人たちとラーメン屋へ向かった。

すっかり満腹になり、京都駅へ戻る途中だった。駅前の交番の前を通った時、急に中から「ちょっと、キミたち」と大きな声で呼ばれた。
 中から出てきたお巡りさんに「キミたち、いくつや?」と聞かれ、中学生だと言うと「こんな夜中にウロウロしてたらアカン」と叱られた。

1番電車に乗るためだ、と言っても、子どもたちだけでは駄目だと言われ、挙句の果てに、全員が強制的にタクシーで帰宅させられてしまったのだった。

19810529-1

翌日、学校に行くと、友人たちは「1番電車、乗って来たで!!!」と口々に自慢していた。
 なんと、懲りずに早起きして、再び乗りに行ったというではないか。

すっかり落ち込んだ自分は、放課後に一人だけで地下鉄に乗りに行った。
 いや、行かねばならなかったのだ。なぜなら、前夜、京都駅前まで自転車で行ったので、それを取りに行く必要があったから…。

19810529-3

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。