1996年2月28日(水) 山陰本線・和知-下山間

EF58型電気機関車が(動態保存された、ごく一部を除いて)姿を消した後、もっぱら山陰本線のDD51型ディーゼル機関車を撮っていた自分だったが、それも普通客車列車が無くなったことで、これまた殆ど姿を見ることが出来なくなってしまった。
 それと歩調を合わせるかのように、鉄道写真への熱が冷めてきてしまい、あまり撮りに行かなくなったように思う。

普通客車列車が廃止され、気動車の天下になっていた山陰本線も、やがて京都府内の全てが電化される時が訪れようとしていた。
 そんな1996(平成8)年の2月、たまたま近くを通り掛かる機会があり、山陰本線の和知-下山間のある踏切に立ち寄った。

19960228-1

この頃、ダイヤ改正の度に急行列車が次々と姿を消していたが、山陰本線を走っていた急行「丹後」も例外ではなかった。
 1996(平成8)年春の電化に合わせて特急化されることが決まっていて、最後の活躍を見せていた。

19960228-4

この急行「丹後」には、グリーン車が連結されていたが、既にこの頃には「急行のグリーン車」というのが珍しい存在になっていた。

19960228-3

普通列車にも急行に使うのと同じ車両が混じって走っていたが、本来の普通用の気動車は緑色に塗られていて、すぐに見分けがついた。

19960228-2

この区間も、翌月の電化開業を前に既に架線が張られていたが、踏切で待っていると、試運転の特急電車がやって来た。この特急電車(=485系→183系)も、主に阪和線~紀勢本線を走っていた特急「くろしお」から転用されたものだが、つい最近まで活躍していた。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。