1978年~1982年 特急「雷鳥」の謎

大阪や京都と、福井や石川、富山の北陸方面とを結ぶ特急と言えば、今でこそ「サンダーバード」だが、少し前まで「雷鳥」が定番だった。
 その「雷鳥」も、かつては国鉄時代から特急の象徴だった「ボンネット型」の先頭車が数多く活躍していたことで、鉄道ファンの間ではよく知られていた。

19820325raicho
     ↑1982年3月25日・京都駅

1982年の秋から翌83年にかけて絵入りマークに変わったが、それまでは「雷鳥」という漢字の書かれたヘッドマークが先頭車に掲げられていた。
 ただ、その「雷鳥」の漢字の下にあるローマ字に「RAICHŌ」と「RAICYO」の2種類あったことを知る人は、それほどいなかったように思う。

19780116raicyo
     ↑1978年1月16日・京都駅、「RAICYO」バージョン

19780826raicho2
     ↑1978年8月26日・神足-山崎、「RAICHŌ」バージョン

19780423raicho
     ↑1978年4月23日・大阪駅、「RAICHŌ」バージョン

絵入りマークになってからは、ローマ字の表記が無くなったので、そんな違いは解消してしまった訳だが、今ほど情報が飛び交ってなかった当時は、「H」と「Y」の違いは車両の所属区が違うからではないかと、色々な説が囁かれていた。
 ちなみに、「RAICHŌ」表記の方でも、「O」の上に長音を示す「-」が入ったものと、何も無いものがあった。そんな細かい違いも、マニアックな鉄道ファンたちの楽しみの一つだった。

19780528-1
     ↑1978年5月28日・京都駅、長音記号の無い「RAICHO」バージョン

19780826raicho
     ↑1978年8月26日・神足-山崎

他にも、ボンネットの上の左右にある赤い「ヒゲ」が無い車両もあった。 

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。