1987年3月21日(土・祝) 京阪電鉄

大阪と京都を結ぶ私鉄は、阪急と京阪の2社ある。阪急の京都側にある駅は、最初から地下で建設されたが、京阪の方は長く地上にあった。
 それが今から30年近く前の1987(昭和62)年4月1日に、七条-五条-三条の区間で地下化された。

19870321keihan2

京阪の七条-三条間は、主に鴨川の堤防上を走っていた。窓から見える鴨川と、その向こうに見える先斗町の町並みが、京都にやって来た、あるいは京都に帰ってきたのだと思わせたものだが、その線路沿いには桜も植えられていて、春の車窓を彩っていた。

19870321keihan3

ところが、この路線は、四条通、五条通といった交通量の多い道路を横切っていたため、渋滞の要因となっていた。そのため、線路を地下か高架化して、立体交差にすることが早くから考えられていたが、ついにその日を迎えることとなった。

19870321keihan1

地下化まで2週間を切った頃になって、自分も撮影に出掛けたが、あちこちにカメラを構えた鉄道ファンの姿が目立っていた。

19870321keihan5

自分の場合、祖父母が阪急沿線に住んでいたこともあり、大阪方面へ向かうのに、どちらかと言えば、阪急を利用することが多かった。だから、京阪にはあまり乗ったことが無く、撮影する機会も少なかった。
 今となっては、もう少し記録しておくべきだったと思うが、まさに後の祭りである。

19870321keihan4

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。