1987年3月22日(日) 京阪電鉄

今から30年前の1987(昭和62)年4月1日に、京阪電鉄の京阪本線・七条-五条-三条の区間が地下化された。
 桜の花が咲く鴨川の堤防上を行き交う京阪電車の姿は、その年の春が最後だった。

3月末の日曜日、前日に続いて撮影に行った。前日がモノクロでの撮影だったので、今回はカラーフィルムをカメラに詰めていた。

19870322-4
19870322-2

四条通を横切る踏切も、間もなく見納めになるので、四条通にはカメラを手にした人の姿が目立っていたが、どちらかと言えば、どう見ても鉄道ファンではない人の方が多かった。

19870322-3

小じんまりとした四条駅も、間もなく地下に移るが、この日も普通に日常の光景の中に溶け込んで見えた。

19870322-1

この時、まだサクラは開花していなかった。この年、開花は3月27日だったので、結果的に満開の桜を見る前に京阪電車は地下に潜ってしまった。

19870322-7
19870322-6

この頃、特急と言えば、テレビカー3000系の独壇場だった。

19870322-8

3000系・京阪特急には(基本的に「大阪淀屋橋行き」か「京阪三条行き」しかなかったからか)車体に特に行き先を明示するような掲示も無く、ごくシンプルにハトのヘッドマークが映えて、デザイン的には良かったと思う。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。