元祖ブルートレイン・20系 1980年~1986年

2016年3月、最後まで残っていたブルーの車体の寝台列車「ブルートレイン」の車両が営業列車から姿を消した。
 1970年代の半ば、SLが国鉄の線路から姿を消した後、鉄道写真を撮る子どもたちの撮影対象の中心になったのがブルートレインだったように思う。
 それは、推理小説作家・西村京太郎さんが次々とブルートレインを題材にした小説を発表していた時期とも重なる。

そんなブルートレインの元祖になったのが、20系という客車だ。1958(昭和33)年にデビューし、1970年代初めまで寝台特急の中心的車両だった。

19800818akebono
↑1980年8月18日、上野駅にて、寝台特急「あけぼの」(左)

自分が鉄道写真を撮り始めたのと同じ頃、その20系は寝台特急の表舞台から姿を消し始めていた。気が付けば、上野と青森を結ぶ寝台特急「あけぼの」ぐらいになっていた。
 だが、臨時列車や夜行の急行列車では、その後もしばらく活躍の舞台が残されていた。

19830819.ginga
↑1983年8月19日、根府川駅付近にて、寝台急行「銀河」

19830330.oga
↑1983年3月30日、秋田駅にて、急行「おが」

19801230.myojo
↑1980年12月30日、京都駅にて、臨時寝台特急「明星」

19830818.asakaze
↑1982年8月19日、東戸塚にて、臨時寝台特急「あさかぜ」

19850800akatsuki
↑1985年8月、山崎-高槻間(当時)にて、臨時寝台特急「あかつき」

その後に登場した後継のブルートレインとは異なり、3本の白いラインが特徴だった20系だったが、主に急行に格下げ使用されるようになってから、おでこ(上)の白線が消されていった。

19860327.nichinan
↑1986年3月27日、門司港駅にて、急行「日南」

19860200nihonkai
↑1986年2月、京都駅にて、臨時寝台特急「日本海」

ブルートレインとして長らく活躍し、1986(昭和61)年には定期運行の急行列車からも姿を消した20系だったが、その後も臨時列車などで使われる機会が10年余り続き、デビューから40年を迎えた1998(平成10)年まで生き残っていた。
 埼玉の鉄道博物館などに保存車両があり、京都鉄道博物館には貴重な食堂車が展示されている。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。