1987年3月12日(木) 近鉄・伊賀線

まだ鉄道写真を撮り始める前、友人たちと奈良・東大寺へ観光で行った際、近鉄(近畿日本鉄道)の京都線で、いわゆる「湘南2枚窓」の電車=800系に乗ったことがあった。
 物心がついた頃から鉄道好きだった自分は、その「湘南2枚窓」のデザインがお気に入りだったので、近鉄で走っていた800系は、国鉄の80系電車に次いで好きな車両でもあった。

その近鉄800系は、世の中が昭和から平成になる頃には、本線での運用から外れ始めていた。1986(昭和61)年には、狭軌(1067mm)の伊賀線用として改造された880系となって、4両編成が2両ずつに分割されて転属するものが出始めた。

19870300-12

1987(昭和62)年の春、三重県の伊賀上野へ行く機会があり、ついでに伊賀線を訪れてみた。
 伊賀上野駅は、国鉄→JRと近鉄が共用していたが、比較的、立派な駅舎に見えた。

19870300-13

近鉄の伊賀上野駅のホームからは、伊賀線の車庫を望むことが出来た。880系も入庫しているのが見えたが、2両編成に分割された際に、中間車に新設された運転台の側しか見えなかった。

19870300-14

しばらくすると、その880系がホームに入線してきた。

19870300-16

反対側にまわって、ようやく憧れの「湘南2枚窓」と対面することが出来たが、腰の辺りに方向幕が新設されるなど、京都線で見た時とは風貌が少々変わっていた。

19870300-15

伊賀線には、かつて同じく京都線などを走っていて、一足早く狭軌に改造されてやって来た820系を改造した860系が主力で活躍していた。

19870300-17

車内は、今となっては幅が狭く感じられ、宙吊り広告も一列しかぶら下がってなかった。

19870300-11

伊賀上野駅から伊賀上野城へ移動する途中、鉄橋があったので、少し待っていたら、860系が通り過ぎた。
 ちなみに湘南2枚窓の880系は、冷房車でなかったこともあり、伊賀線での活躍は短いものに終わり、転属して7年ほどで廃車の憂き目を見た。その要因が、860系が冷房改造されたことにあったのは皮肉なことだった。
 その860系は、同線が2007(平成19)年に「伊賀鉄道」に移管された後の2012(平成24)年まで活躍した。

 

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。