1987年3月5日(木) 男鹿駅

1980(昭和55)年の春、当時の国鉄は「いい旅チャレンジ20000km」というキャンペーンを始めた。
 これは、当時の国鉄の営業路線の総距離約20000kmを「完乗(=完全乗車)」することを目指すというキャンペーンで、1980(昭和55)年3月15日に10年間の期限で始まった。
 国鉄が1987(昭和62)年にJR化された後も継続され、1990(平成2)年3月14日に終了となった。

これは、一つの路線の始点・終点の駅にて、それぞれ駅名標と自分が写った写真を捕り、それをキャンペーンの事務局に送付して乗車したという認定を受け、後日、認定証と認定シールが送られてくるという仕組みだった。
 全路線を踏破した「完乗者」には賞品が貰えたりという特典もあったが、完乗せずとも、10線区、20線区…という感じで区切りの踏破者にも記念品や賞状が貰えた。
 今から考えると、恐ろしく手間が掛かることをやっていたものだと思う。

1987(昭和62)年の春、東北を一周する旅に出た。
 この時も、いくつかの路線を踏破することを考えていて、その中に秋田県の男鹿線があった。

19870305-6

夜行列車で秋田駅に到着後、男鹿に向かおうと思ったら、そこに待っていたのは、たった1両のディーゼルカーだった。

この時、友人2人と3人の旅だったが、ボックス席に向かい合って座っていると、そこに空いた1つの席に、地元のご婦人が座られた。
 こちらが3人、関西弁丸出しで喋っていたので、すぐに旅行者と分かったのだろう。そのご婦人は「どこから来なすった?」と言ったかどうか忘れたが、そういう風に東北弁で尋ねられた。
 京都から来て、東北を一周するという話をすると、突然、持っていた買い物袋の中から「これを持って行きなさい」と言って、お菓子袋をいくつも手渡されたのだった。
 きっと、家で待つ子どもたちのために買ったものである筈なのに、と思い、丁重にお断りするも、引っ込める気配はなく、結局、全て貰い受けることになってしまった。

そんな東北の人たちの優しさは、その後、何度旅しても、同じようなことがあった。

19870305-1

男鹿駅で降りると、構内につい最近まで使われていた旧型客車が停まっていた。
 駅員さんに見学したいというと、「えっ?」という感じで首をかしげられたが、承諾を得られたので、友人たちと乗り込んでみた。

19870305-2

車内は汚れてもおらず、まだ今にも動き出しそうな感じだった。
 ニス塗りの背もたれが、春の暖かな日差しに浮かび上がっていた。

19870305-3

きっと、この座席にも、何人もの乗客が座り、それぞれの旅路を楽しんでいたことだろう。

19870305-5

4両編成で留置されていた中には、郵便荷物合造車のオハユニ61もあった。
 普段は入れない荷物室や郵便室にも入ってみた。

19870305-4

その後、男鹿駅前を散策して駅に戻ったが、帰りの列車の発車時刻まで1時間近くあった。
 友人たちはお腹が空いていたらしく、駅前の食堂へ行くと言い出した。結局、特にお腹が減ってなかった自分だけが駅に残った。

ところが、発車時刻が迫っても、一向に友人たちは戻って来ないではないか。
 10分前、5分前…1分前になっても、戻って来ない。携帯電話も無い時代のこと、連絡手段も無く、かといって3人分の荷物を置いて呼びに行くことも出来なかった。

この列車を逃すと、次は2時間近く後の最終列車しかないし、そもそも今後の旅行スケジュールに影響する。
 どうしようかと思っているうちに、遂に発車ベルが鳴り響き始めた。

改札口で狼狽していると、駅員さんが「乗るの?乗らないの?」と訪ねてきたので、いや、乗るつもりだけと友人たちが駅前の食堂に…と言うと、思いがけず「じゃ、少しだけなら待つよ」という予想外の返事。
 すると、駅前の食堂から駆けて来る友人たちの姿が目に入った。そして、何とか3人揃って乗り込むことが出来たのだった。

結局、列車は数分遅れて出発。運転士や車掌さんだけでなく、他にもお客さんが乗っていたので、こちらは「すいません、すいません、待たせてしまって…」と恐縮するばかりだったが、怒られるどころか、「あの食堂、注文受けてから遅いからね、ハハハ」などと言われて、逆に笑われてしまった。

どうも、この辺りでは(京都に暮らしている自分たちとは)時間の流れ方が違うようだ、と感じた出来事でもあった。ほんの数分遅れたぐらいでは、誰も文句を言わないのだ、と思った。
 電車が駅のホームを何メートル行き過ぎたとか、何分遅れた、というような話が、それなりにニュースとして流れていて、それをごく普通の出来事だと思っている自分たちは、どこか違う世界に来たような感覚だったのだ。

その後、日本全国を旅したが、確かに地方へ行けば行くほど、時間の流れ方が違うと感じた。
 果たして、自分の人生に最も合う時間が流れているのは、日本のどこにあるのだろうか。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。