1982年11月7日(日) 東海道線・山崎-高槻 その2

晩秋を迎えた1982(昭和57)年11月の日曜日、その日は朝から雨が降ったり止んだりという天気だった。
 いつものように東海道線山崎駅を降り立ち、傘を差しながら高槻寄りの撮影ポイントまで徒歩で移動する。

19821107-50

サントリーカーブ前で、上りの寝台特急「日本海2号」が通過していった。

19821107-51

寝台急行「銀河」のけん引機が、EF58から真新しいEF65PFに変わった。しかし、客車の方は、まだ古い20系のままだったので、何だか変な組み合わせではあった。

19821107-52

急行「きたぐに」は12系客車とかなり古い10系寝台車の組み合わせだったが、A寝台車であるオロネ10が組み込まれていた。ただ、グリーン車の連結が無くなっていた。

19821107-54

寝台特急「明星」の最後部には、まだ新しかったカニ24-100が組み込まれていた。

19821107-53

見飽きた存在だった特急「雷鳥」は、まだボンネット型が先頭車である率が高かった。

19821107-57
19821107-56

こちらも見飽きた存在だった湘南色の113系。初期型と新しい型が入り混じって活躍していたが、初期型の中にはまだ非冷房車もあった。

19821107-55

新快速は117系の独壇場になっており、少し前まで残っていた「ブルーライナー」153系の姿は、もう見られなくなっていた。

19821107-60

特急「はまかぜ」は、キハ82系からキハ181系に置き換えられたばかりだった。

19821107-62
19821107-61

特急「雷鳥」には乗客に不評だった583系も走っていたが、そうは言っても大多数はボンネット型の485系だった。しかし、どちらも食堂車が組み込まれており、12両の堂々とした「国鉄らしい」特急ではあった。

19821107-59

この当時、貨物列車の先頭に立つ電気機関車は、バラエティに富んでいた。EF60は姿を消しつつあったが、EF65は一般型に加えて500番台(F型)、1000番台(PF型)もあり、他にはEF66も見られた。

19821107-58

北陸線経由の貨物列車は、EF81の独壇場だった。

19821107-63

反対側の撮影ポイントに移ってすぐ、上り寝台特急「日本海4号」がやって来た。

19821107-65
19821107-66

方向別の複々線区間であり、駅間距離の長い高槻-山崎間では、全力で走っている列車が追い抜いている姿がよく見られた。

19821107-67

キハ28・58系の急行列車も、当時は一日に何本も姿を見ることが出来たが、この区間ではディーゼルエンジン全開で走っている姿が見られたものだった。

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。