2010年7月20日(火) 京阪・石山坂本線

2010(平成22)年の夏は、まさに「暑い夏」だった。何せ、1898年以降の113年間で第1位の記録となった年だった(=当時)。また、台風の発生数が最も少なく、1951年の統計開始以来の最少(=当時)を記録した年でもあった。

連日、猛暑の日が続いていた7月下旬、35℃を超える暑さの中、たまたま通り掛かった京阪電鉄の石山坂本線を撮影した。

20100720-4

京都に地下鉄東西線が開業して以降、地下鉄乗り入れ用の800系4両編成を除き、主に浜大津方面で走っている2両編成の京阪車両を、京都市内では見ることが出来なくなった。

20100720-3

こちらを走っている車両たちは、基本的にバラエティに富んでいるのだが、デザイン的に近いものが多く、一般の方々から見れば、あまり区別が付かないようなレベルではある。

20100720-2

標準~中望遠の域であれば、普通に写真を撮ることが出来たのだが、この暑さなので、それ以上となる超望遠の領域だと、ピントが分からないぐらい「空気が揺れる」。

20100720-1

どんなに頑張って目を凝らしても、ピントが合っているのか合ってないのか、全く分からないのである。
 そんな空気の揺れが目で見て分かるほどの暑さ、というのは、30℃を超える辺りからだが、それが35℃を超えるとより顕著になる。

20100720-5

そんな猛暑のため、僅か30分ほどでダウン。近くの商業施設へ涼みに行く羽目になってしまった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。