1987年3月21日(土・祝) マイテ49展示会

1987(昭和62)年の春、ちょうど国鉄をJRへと分割民営化する直前の頃のこと。それを惜しむかの如く、各地で鉄道関係のイベントが(今から考えると恐ろしい頻度で)行われていた。
 そんな中で、国鉄のお別れ運転で使うことになり、大阪の交通科学博物館に保存されていたマイテ49という、かつて東京と大阪を結んでいた特急「つばめ」「はと」の最後尾を飾っていた展望車が復活することになり、その完成展示会が京都駅で行われることになった。

19870321-1

展示が行われる京都駅7番ホームには、朝から多くの鉄道ファンが詰め掛けていた。

19870321-2

その中、DE10に引っ張られて、マイテ49が姿を見せた。「つばめ」の行灯式テールマークが目立っていたが、それよりも展望デッキにある「手摺り」が上に増設されていることに気付いた。

19870321-3

反対側には、EF58の150号機が連結されていたが、驚くことに茶色に化けていた。少し前まで、標準色の青色だったのだが…。

19870321-4

しかも左右のヒゲから手摺りに至るまで、まるでお召機関車のように磨き上げられてピカピカになっていた。パンタグラフが上がってなかったのは残念だったが。

19870321-5

長く大阪の交通科学博物館で静かに展示保存されていたものが、当時26年ぶりで復活した展望車マイテ49の方は今も現役だ。しかし、同じ時に茶色になったEF58の150号機の方は2011(平成23)年に引退してしまい、今では梅小路の京都鉄道博物館で静かに展示されている。
 いつの間にか立場は入れ替わってしまったが、再びEF58の方が復活するようなことが起きて、また両者が手をつなぐ日はやって来るのだろうか。
 

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。