1978年7月21日(金) 夜の京都駅

鉄道の写真を撮り始めて半年近くが経ち、初めて訪れた夏休み。同級生の友人2人を誘って、夜の京都駅を訪れた。
 実は夜に撮影に行くのは初めてのことだったが、それには理由がある。それは、やっとのことで父親に「フラッシュ」を買ってもらったからだ。
 とはいえ、小学生だけで深夜の京都駅で撮影なんて無理な話なので、仕方なく母親に頼み込み、付いて来てもらったのだった。

初めて訪れる深夜の京都駅。お目当ては東京から九州へ向かうブルートレインだった。
 なけなしの小遣いで、当時は高額だったカラーフィルムを用意した。当時としては最も高感度だったASA(現ISO)400のカラーフィルムだった。

19780721_1

最終の市電に乗って京都駅に着くと、京都駅1番ホームに米子発東京行きの寝台特急「いなば」が入って来たところだった。

19780721_2

非電化の山陰本線をけん引してきたDD51からEF58に機関車を交換するため、その作業中に先頭の客車が姿を現した。

19780721_3

機関車の付け替えを、じっくりと見たのは、実は、これが初めてのことだったと記憶している。
 そんな「いなば」が発車していくのを見送り、跨線橋を渡って6番ホームへ移動する。

19780721_4

この頃の京都駅6番ホームには、午後11時台に東京発で九州の各方面へ向かうブルートレインが次々とやって来ていた。
 まずは東京発長崎・佐世保行きの寝台特急「さくら」が姿を見せた。
 ホームにいた駅員から「ストロボ(フラッシュ)使うんやろ?眩しくて運転手が困るから、ちゃんと列車が停まってから撮るんやで」と注意されたのを覚えている。
 そのせいか、こちらがカメラを向けると、運転席にいる機関士も、助手席にいる機関助士も、横や下、後ろを向いてたりしていたようだ。それは、今になって、その当時に撮った写真を見て分かったことだが、席を外しているものもあった。今から考えると、けっこう迷惑を掛けていたのだと思うが、小学生だった当時は、ブルートレインを目の前にして、かなり舞い上がっていた。

19780721_5

続いて、東京発西鹿児島行きの寝台特急「はやぶさ」がやって来たが、編成が長いためか、ホーム先端ギリギリの位置で機関車が停車した。
 当時、45ミリという画角のカメラしか持ってなかったので、何とか撮れるアングルをと構えていたら、偶然なのか、分かっていて狙ったのか、京都タワーがバックに写った。

19780721_6

さらに、東京発熊本・長崎行きの寝台特急「みずほ」がやって来た。
 その「みずほ」を見送ると、時間は午後11時半頃になっていて、まだ小学生だった自分は、早くも眠気に襲われていた。それも仕方ない、子どもの頃から早起きだった自分は、いつも午後9時過ぎには床に就いていたのだから。

「まだ『あさかぜ』とか『富士』が来てへんし、もっと撮りたい」と言っていた友人たちを説得し、母親ともどもタクシーに乗り込んで帰宅したのだった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。