1989年2月5日(日)~12日(日) 冬の北海道・その3

世の中が昭和から平成に変わって間もなくの頃、冬の北海道を周遊券を使って旅した。
 今では旅行の形態が変わり、周遊券という切符が無くなってしまったが、自分が大学生だった時は、一年に何枚もの周遊券を使い、周遊区間内では乗り放題というのを生かして、あちこちを鉄道の旅をしては撮影も撮っていた。

前夜、一泊した遠軽駅から朝、特急「オホーツク」に乗り、その名の通りオホーツク海側にある網走へ向かった。

19890210-11

途中、生田原駅で交換(行き違い)のため、数分間の停車するとのアナウンスがあり、ホームに降り立っていると、対向の同じ特急「オホーツク」がやって来た。

19890210-12
19890210-13

網走駅で乗り換えだが、待合時間が長かったので、とりあえず駅の外に出て小休止。駅前に、ちょっと変わった電話ボックスがあった。

19890210-15

昼間にも関わらず、除雪作業を行う排雪列車が走っていた。

19890210-14

網走からはキハ22の普通列車にお世話になる。

19890210-1

オホーツク海沿いの線路は、風除けの林も無く、なんとも寒々しく見えた。

19890210-2

オホーツク海に一番近い駅で知られている北浜駅が見えてきた。ホームの上には観光客の姿が何人も見えていた。

19890210-3
19890210-4

自分たちが乗って来た列車を見送る。この時期、例年だと流氷が接岸していることが多いのだが、この年の冬は暖冬だったためか、この時には流氷は全く見えなかった。
 ちなみに、この時の冬は、その後も接岸がないまま、春を迎えてしまった。

19890210-6

それにしても、海を吹き抜けてくる風が冷たい。気温はもちろん氷点下だが、風が吹くと、猛烈に寒い…。

19890210-5

駅舎が喫茶店になっているので、早速、店に入り、冷え切った体を温めようと、紅茶を注文する。

19890210-7

ふと天井を見上げると、国鉄の「JNR」マークが入った扇風機や、旧型客車のものであろう網棚、さらには車掌さんが使うカバンなどが飾ってあった。

19890210-8
19890210-9

流氷があれば、周囲を散策するつもりだったのだが、それが無いので、仕方なく次に来た列車で北浜駅を後にする。

19890210-10

冬の北海道は昼間が短い。
 釧路方面へ向かっているうちに日が暮れて、すっかり真っ暗になってしまっていた。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。