1986年6月2日(月) 京都駅

平成時代も、残り1年を切ってしまったが、まだ時代が昭和だった頃、京都市内にある小学校の修学旅行先と言えば、8割近くが伊勢・志摩方面だった。
 大阪や兵庫でも伊勢・志摩へ向かう学校があった。が、京都市内の小学校の多くが近鉄を使って行っていたのに対し、大阪や兵庫からだと、当時の国鉄で団体臨時列車(=いわゆる修学旅行専用列車)を編成して奈良や伊勢・志摩方面へ向かっている学校が少なくなかった。

新年度に入り、入学式などが終わって一段落した頃から修学旅行シーズンが始まり、多くは6月中旬までに出掛けていた。
 1986(昭和61)年6月の初旬、30度を超える暑さの日、京都駅の1番ホームで撮影していると、次に団体列車が入線しますというアナウンスがあった。

19860602-1

ホームの東端に行ってみると、当時あった機関車の待機場所にDD51が止まっていた。非電化の草津線から関西本線を経由して鳥羽方面へ向かう列車や、同じく非電化の奈良線経由で奈良方面へ向かう列車は、京都駅で機関車を付け替えていた。

19860602-2

間もなく、EF65PFが牽引する団体列車が入線してきた。

19860602-3

機関車が取り外されると、「おもいで 伊勢・奈良」と書かれたヘッドマークの付いた12系が姿を現した。

19860602-4

機回し線からDD51がやって来た。

19860602-5

機関車交換の様子を、乗車していた修学旅行の小学生が興味深そうに見守っていた。

19860602-6

客車にはヘッドマークが付いていたが、機関車には何も無く、少し寂しく感じられた。

19860602-8

修学旅行専用列車が出発し、京都駅1番ホームにしばしの静寂が訪れた。
 特徴的な大きな屋根は、今でも京都鉄道博物館に移設されて見ることができる。

19860602-7

当時のホームには電光表示などは無く、入り口を示す場所には、列車名を明記した看板がいくつもぶら下がっていた。基本的に貸し切りの団体列車でないと入線しないであろう、「サロンカーなにわ」の乗車位置を示す看板まであるのが不思議だ。

19860602-10

向かいの2番ホームに、(回送電車ではあるが)珍しく103系が入線してきた。しかも、今では見られない非冷房車だ。

19860602-9

この頃、昼間は主に北陸方面の優等列車が発着する京都駅1番ホームに、珍しく山陰線の特急「あさしお」が入線することもあった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。