1986年2月9日(日) 杉本町駅付近&大阪駅

1986(昭和61)年の2月、阪和・紀勢線で最後の活躍をしていたEF58とEF15が引退することになり、その「さよなら列車」が2月の週末に何度か運転されることとなった。
 最終運行の時は和歌山へ遠征することにしていたが、その前の運行日は、大阪に近い場所へ行くことにして、阪和線杉本町駅近くの大和川橋梁で撮影することにした。

19860209-11

この日は、朝イチに東海道線岸辺駅で撮影をしてからの移動だった。現場に着いてすぐ、EF60重連の貨物列車が鉄橋上で103系普通電車とすれ違った。

19860209-12

この日は寒く、河川敷から吹き付ける冷たい北風に震えながら待っていると、ようやくEF58-66号機がけん引する「さよなら列車」が姿を見せた。

その後、帰り道、大阪駅へ立ち寄る。

19860209-13

まだ当時は郵便荷物電車が走っており、クモニ83やクモユニ143といった電車の姿をよく見掛けた。

19860209-14

583系は、夜行寝台特急よりは、昼間の特急「雷鳥」の方で、よく見掛けたが、背もたれが動かず、向かいわせのボックスシートなので、お客さんには不評だったようだ。

19860209-15

ホームの端には、ほぼ役目を終えていたEF58-150がヘッドマークを掲げて留置してあった。

19860209-16

反対側のヘッドマークは、デザインが異なっていた。
 この後、このEF58-150号機が、翌月に国鉄がJRになるのを機に、見慣れたブルーから茶色に塗り替えられて大復活を遂げるとは、このときは知る由もなかった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。