1987年2月8日(日) 東海道線・山崎-高槻間 その2

東海道線の山崎-高槻間(=当時)には、大学生の頃まで、ヒマがあれば何度も撮影に通っていたエリアだった。
 その当時には、沿線に田畑がけっこう残っており、遠くバックに天王山系の山々を望むことが出来た。その後、大阪のベッドタウンと化して、次々と沿線にマンションが立ち並び始めた。

19870208-18

さらに2008(平成20)年になって、駅間の長かった山崎-高槻間に、新たに島本駅が開業して以降、一気にマンションや住宅が増えた気がする。

19870208-16
19870208-19

今では貨物列車と言えば、夜に走っている本数の方が多い気がするが、当時は昼間でもラッシュタイムが終わると、頻繁に走っていた。
 コンテナ車を連ねた「フレートライナー」と呼んでいた貨物列車の先頭には、様々な電気機関車が活躍していて、今よりはバラエティに富んでいた。

19870208-17
19870208-13

複々線の外側線を走る新快速には、まだまだ117系が大活躍していた。まさに見飽きるほど走っていたのだが、117系のデザインは好きだったので、比較的、シャッターを切っていた方ではある。

19870208-11

ブルートレインもまだ大活躍していた頃だった。今でも消えてしまったのが信じられないぐらい、当時は身近な存在だった。

19870208-12

福知山線電化に合わせて登場した特急「北近畿」の回送電車が通過していく。直流区間しか走らないのに、交直流両用の485系が使われているのは、もったいない感じがしたものだが、当時は「余っている特急車両の有効活用」という言い方がされていた。

19870208-15

播但線経由で山陰方面に向かう特急「はまかぜ」には、キハ181系が大車輪の活躍をしていて、500馬力のパワフルなエンジン音を響かせていた。

19870208-14

普通列車に、東京の山手線で活躍していたのと同じ205系が関西地区にも、ちょうどお目見えした頃だった。物珍しさからシャッターを切った記憶がある。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。