2007年2月12日(月・振替休日) 指宿枕崎線・西大山駅

小学生の頃から一人旅をしていた自分は、日本の中で足を踏み入れたことが無いのは沖縄県だけである。
 その理由は簡単、鉄道で行けないからだ。

日本全国に鉄路を張り巡らせているJRは、国鉄時代に比べると、その路線数は減ったが、それでも北海道から本州、四国、九州に至るまで、線路のない都道府県は(沖縄県を除き)一つも無い。

20070212-1

そんな中で、日本最南端の駅として知られる指宿枕崎線の西大山駅を2007年の冬に訪れた。

20070212-3

バックに見える開聞岳が美しいが、かつて知覧から沖縄へ向けて飛び立った特攻隊員たちは、この開聞岳を見ながら、戻ることのない旅に飛び立っていった筈である。

20070212-2

駅構内には、タクシーで訪れていた観光客の姿があり、記念写真を撮っている光景が目に入ったが、列車の方には乗客の姿が数えるほどしか見えなかった。

20070212-5

駅の周りには菜の花畑があり、2月半ばというのに春爛漫という感じがした。実際、京都の冬とは比べ物にならないぐらい暖かかった。

20070212-6

無人駅で、駅前に土産物店などがある訳でもなく、本当に静かな駅だった。列車が停まっていなければ、鳥のさえずりぐらいしか聞こえないぐらい。

20070212-7

列車が発車し、ディーゼルエンジンの咆哮も、次第に遠ざかっていった。ホームにいた観光客(?)が、列車の姿が見えなくなるまで手を振り続けていた。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。