1987年1月4日(日) 東海道線・山崎-高槻

自分が過去に撮った鉄道写真の中で、残された数多くのネガやポジを見ていると、どうやら1987(昭和62)年が最もシャッターを切っていた一年になるようだ。
 その年は、ちょうど国鉄がJRに変わる時だったこともあってか、鉄道ファンの中で一大事だと感じていたことが、そういう行動からも窺える。

その1987年の正月が明けたばかりの1月4日は、日曜日だったこともあり、事実上、引き続いて「正月休み」ではあった。
 この日、山崎-高槻間にあるサントリー前のカーブへ撮影に出掛けたのは、年末年始に運転されていた臨時列車を狙いに行ったからだった。

19870104-4

山崎駅に降り立つと、改札口の脇に「謹賀新年 山崎駅職員一同」とある手書きの看板が簡素な門松と共に飾られていた。

19870104-11

行き交う列車にも、正月に関するマークが取り付けられているケースが多く、キハ65の急行には「頌春」の文字と共に国鉄を示すJNRマークが書かれた小さなヘッドマークが取り付けられていた。
 この頃、何かと国鉄=JNRを示すマークの掲出が多く見受けられたのは、国鉄の労働組合がJR化に反対していた背景と関係がありそうだった。

19870104-2
19870104-3

既に急行運用が主体になり、おでこの白線が消されてしまっていた元祖ブルートレイン・20系も、まだ臨時の寝台特急で使われていて、この日も「あかつき」の絵入りマークを掲げて、目の前を通過していった。

19870104-9
19870104-10

博多発、名古屋行きの夜行座席特急の「金星」も、この頃には定期運用が無くなり、臨時のみで走っていた。
 でも、こちらのテールマークは絵入りではなく、昔ながらの文字表示だった。

19870104-7
19870104-8

長野方面と大阪を結んでいた夜行の急行「ちくま」は、この頃は12系座席車と14系寝台車の混結で運用されていた。
 12系にはテールマークの装置が無かったが、この「ちくま」には電光式の絵入りマークが特別に取り付けられていた。後年、この「ちくま」に使われていた12系には、他のブルートレインと同じような組み込み式のテールマークが改造の上で設置され、この写真を撮った10年後の1997(平成9)年に電車化されるまで活躍した。

19870104-6

この日は、珍客とも言える、配給電車(クモル145+クル144)も姿を見せた。

19870104-5

正月休み中でも、電車は普通に走っている訳で、日曜日とは言え、朝のラッシュタイム(?)には、113系が外側線も走っていた。

19870104-1

見慣れた新快速の117系や、485系の特急「雷鳥」も、いつものように行き交っていた。

19870104-12

もちろん、大阪を発着するブルートレインも次々にやって来ていた。大阪と九州方面を結ぶブルートレインには、「なは」を除いて天体に関する名称ばかりだったが、中でもこの「彗星」のヘッドマークが自分のお気に入りだった。濃い青一色で、水平に流れる星が輝く…そんなデザインが好きだった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。