1987年1月3日(土) 高松琴平電鉄

1986(昭和61)年の年末から1987(昭和62)年の年始にかけて、母方の実家である岡山県倉敷市に滞在した。
 新年が明けて間もない3日になり、京都へ帰る前に「青春18きっぷ」を使って香川県の金刀比羅宮へ出掛けた。

当時、まだ瀬戸大橋は開通しておらず、岡山県倉敷市の下津井から朝一番のフェリーに乗り、香川県坂出市から四国に上陸した。

19870105-2

駅の入口へ続く通路の両側に灯籠が立ち並ぶ国鉄琴平駅には、「賀正」と大書された看板が掛けられていた。
 正月なので相当に混んでいると思った金刀比羅宮だったが、思ったよりは空いていた。

19870105-4

お参りを済ませた後、帰りは高松琴平電鉄=通称「琴電(ことでん)」を利用する。
 琴電の琴平駅は、ネオン管の看板が目立っていて、どこか懐かしさすら感じる建物だった。

19870105-6

駅構内には、期待していた古い電車の姿は無かったが、ホームの横に灯台のような構造物があった。何でも「高燈籠」という日本一の燈籠らしかった。

19870105-7

ホームに停車していた高松築港行きの電車の車内はガラガラで、他に乗客が一人も見当たらなかった。まあ、いくら何でも発車間際になると、もう少し乗り込んで来るとは思っていたが。

19870105-5

琴電の雰囲気は、自分の家の近くを走っている叡山電車と似ていた。そういえば、琴電にある駅名も「かわらまち(瓦町)」「さんじょう(三条)」「はなぞの(花園)」とか、どこかで聞いたような…。

19870105-8

高松築港駅には、元京浜急行デハ230型の琴電30形が停車していた。京浜急行では名車と呼ばれた、この車両は、この写真を撮影した30年後の2007(平成19)年まで活躍していた。

19870105-1

帰りは、国鉄高松駅から宇高連絡船を利用して、そのまま岡山経由で京都まで帰った。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。