1987年3月22日(火) 田辺駅

京都府南部にある京田辺市と言えば、近年、京都や大阪のベッドタウンとして開発が進み、大規模な住宅団地が出来て、人口も増えている。だが、自分が大学生の頃は、市制が施行される前の京都府田辺町という小さな自治体で、まだまだローカルな雰囲気が残されていた。

19870322-14

国鉄がJRに変わる直前の1987(昭和62)年3月末当時、田辺町の中心地にある国鉄片町線の駅は、「田辺駅」だった。ちなみに、隣りにある近鉄は「新田辺駅」で、それは今も変わりない。
 この頃は、2両編成のディーゼルカーが、朝夕のラッシュタイムでもなければ、せいぜい30~40分に1本とかで走っているようなローカル路線だった。

19870322-11

この日も、両側デッキで室内にクロスシートが並ぶ急行形のキハ28と、両開き3扉でロングシートの通勤型であるキハ35という変な組み合わせの2両編成が走っていた。

19870322-12

撮影したのは、朝の通勤・通学時間帯だったが、車内もそれほど混んでなかった。一部で並行して走る路線でもあり、4~6両編成で走っている近鉄京都線の混み具合とは、全く比較にならない感じだった。

19870322-13

この写真を撮った2年後の1989(平成元)年に電化され、10年後の1997(平成9)年には市制施行で京田辺市になるのを前に駅名が「京田辺駅」に改称された。
 今では、乗降客は2倍以上に増えて、7両編成の電車が行き交うようになった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。