1989年2月5日(日)~12日(日) 冬の北海道・その2

札幌から稚内行の夜行急行列車「利尻」に乗車した。お金を節約するため、寝台ではなく、座席利用だった。

19890205-2

雪が降りしきる旭川駅に長時間停車していた間、機関車(DD51)の交換があった。駅のホームに降り立つと、ダイアモンドダスト現象で、空気がライトの明かりに浮かび上がり、キラキラと光って見えた。

ヘッドマークを手作業で付け替えている様子を見物したが、みるみる雪が降り積もっていた。

19890205-6

旭川を出た後、名寄で停車するが、今度は定刻を過ぎても一向に出発しない。

積雪が深まったので、除雪列車を先に通してから発車するという話をホームで駅員から聞かされたが、未明の時間帯とあって、ほぼ全ての乗客が眠っている車内でのアナウンスは無かった。

そして間もなく、除雪列車が出発して行った。通り過ぎた後、それまで真っ白な雪に覆われていたレールがくっきりと姿を見せて、ちょっとだけ頼もしく思えた。

1時間近く遅れて名寄を発車したが、進むに連れて遅延は酷くなり、稚内には2時間近く遅れての到着になった。

稚内で色々と散策する予定だったが、列車の遅延で時間が足りなくなったので、楽しみの一つにしていた旧稚泊航路乗り場のドームを見に行くことは諦めて、ロープウェイで山の上にある稚内公園へ行った。

19890205-11

公園からは、樺太がくっきりと見えた。行く予定だった稚泊航路のドームも眼下に見えた。ちなみにロープウェイは2006(平成18)年3月に廃止されてしまったようだ。

その後、駅前のラーメン店で昼食を摂ったが、毛ガニがまるごと1匹、麺の上に載せてあり、びっくりした。

19890205-3

帰りは天北線経由の急行に乗車。単線ということもあるが、雪の影響もあって、ダイヤ通りで進まず、またまた遅延に見舞われた。これでは、予定通りに旅程が進まない。

19890205-4

再び札幌に戻り、またも夜行急行列車「大雪」に乗って、網走へ向かう。

今回の旅行中に22歳の誕生日を迎えたが、さすがに2日連続で夜行列車、しかも座席利用となると、かなりきつい。

だが、学生の貧乏旅行、しかも周遊券だと急行列車は無料で乗れたので、ホテルに宿泊することを思えば、金銭的には思い切り節約することができた。

19890205-5

網走からは、遠軽を経て、5月に廃線が決まっていた名寄本線に乗車。途中、沙留(さるる)駅にて、腕木式信号機が未だに使われているのを見て、途中下車して撮影した。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。