1988年1月7日(木) 18きっぷで宮津線

1982(昭和57)年の春に国鉄全線乗り放題の「青春18のびのびきっぷ」という普通切符が発売されたが、その後、学生の間は欠かさず春・夏・冬休みの度に購入しては、全国各地を鈍行(=普通)列車で旅した。当時は、まだ長距離を走る鈍行列車や夜行列車が各地にあったので、それらを乗り継いで車中泊するだけでも、けっこう遠くへ行くことが出来たものだった。

最初に発売された春には1日券×3枚、2日券×1枚の5日分で8000円というものだったが、その次の夏には1日券が1枚増えて6日分で10000円になった。その後、5日分になって価格改定を重ねたが、今も販売は続いている。

とはいえ、自分の場合、意外なことに一人で全部を一度に使い切った時の方が少なく、いつも1日分を余していることが多かった。要は東北や北海道、九州といった遠方へ行く際には周遊券を使うことが多く、18きっぷでは3泊4日の旅行が多かったということだ。

1987(昭和62)から88(昭和63)年にかけての冬休みも、いつものように1枚だけ余したので、日帰りで丹後方面へ出掛けることにした。
 学生の頃は時間に余裕があり、よくこういう「時間潰し」のような日帰り旅行で丹後方面へ出掛けたものだった。

19880107-1

京都駅の山陰1番ホームには、これから乗車する始発の福知山行きディーゼルカー・キハ47が停車していた。

19880107-2

反対の山陰2番ホームには、白帯の消された12系客車が停車していた。本当は、こちらに乗りたかったところだが、ダイヤの都合上、止むを得ない。その脇を、けん引機のDD51が機回しされていった。

19880107-5

綾部から舞鶴線に乗って、西舞鶴駅で下車。乗り継ぎに余裕があったので、駅舎の外に出てパチリ。

19880107-4

京都市内に比べると、やはり丹後の方は少し寒かった。車内暖房が心地良く、単調なリズムの走行音で眠りに誘われてしまう。
 かといって、肝心の車窓も綺麗な雪景色という訳でもなく、ときおり冷たい雨が降っているし、温度差で窓ガラスが曇っていることもあり、楽しめるものでもなかった。

19880107-3

豊岡駅前には、ちょっと変な看板があった。既にこの頃、特急「北近畿」は走っていたが、看板に「北近畿」のマークを掲げているのは、どう見ても国鉄→JRの特急車両ではない…。
 きっと、知識の乏しい看板屋さんが、絵本か何かで見た東武鉄道の特急をモチーフに書いたようだ。

19880107-8

一方で、駅構内ではホンモノの「北近畿」が出発して行った。

19880107-6

福知山行の普通列車は、福知山線と山陰線の福知山-城崎間の電化開業に伴って登場した、見た目の色は新しいものの、中身は東海道線とかで走っていた、かなり古い車両の改造車だった。

19880107-7

車内に冷房の装備は無くて、扇風機があり、ドアもステンレスの銀色ではなく、鉄製のものだった。
 これでも、旧来の客車やディーゼルカーよりは快適になったのかもしれないが、新たに投入された車両というには、その出自を知っている鉄道ファンから見れば、苦笑せざるを得ない内容のものに感じたのだった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。