2011年3月9日(水) 湖西線・山科-大津京

一時期、職場が大津市だったことがあったが、京都市内から自転車で通っていた。
 雨の日も雪の日も自転車で通ったのは、半ば意地だったかもしれないが、必ず山を越えていかねばならないコースということもあり、体力の維持には大いに役立ち、自分の人生に於いて最も健康的な時期だったのは確かだ。

そんな時、行き帰りの道中で、たまに撮り鉄をしていた。特に湖西線の山科-大津京の間では、何度も撮影をした。

20110309-8

長等山トンネルの出口から山科駅寄りの所に歩道橋があり、よくここから撮影をした。この日のお目当ては、間もなく姿を消す旧国鉄の特急色をした485系「雷鳥」だったが、それを待つ間、他の列車もついでに撮った。

20110309-7

113系も、すっかり減ってしまい、東海道線からは姿を消したし、オリジナルの湘南色は次々と塗り変えられてしまって、珍しい存在になってしまった。113系の湘南色も、国鉄特急色の485系も、かつては見飽きて写真を撮る気もしなかったのに、いざ姿を消そうとすると、撮影する気が起こるところは実に間抜けである。

20110309-1

117系も、長らく活躍していた新快速から姿を消して、もう何年も経ってしまった。しかも、オリジナルの急電カラーも、次第に緑一色への塗り変えが進んでいる。

20110309-4

自分が中学生の頃にデビューした117系も、そろそろ廃車が始まってもおかしくない時期に差し掛かってきた。

20110309-5

貨物列車を引っ張る機関車も、しばらく撮り鉄から離れているうちに、すっかり変わってしまった。

20110309-6

485系が「雷鳥」という名称と共に姿を消そうとしていたが、雷鳥を英語にしただけの「サンダーバード」は、まだ数多く走っている。だが、かつての特急は愛称名を誇らしげに先頭車に掲出していたのに、今では殆ど見ることが出来なくなってしまった。デザインの関係もあるだろうが、どこか寂しく感じてしまう。

20110309-2
20110309-3

ようやく、485系の「雷鳥」が姿を見せた。
 かつては、速達型の「スーパー雷鳥」というのも走っていたが、この時には「雷鳥」は最後の1本だけで、それも残り短い命となっていた。

20100312-3

長等山トンネルの反対側、大津京駅の方へも足を運んだ。

20100312-1

こちらは、かなり長めの望遠レンズが必要だった。

20100312-2

後方にある大津京駅のホームには、カメラを構えた鉄道ファンの姿が何人も見えていた。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。