1988年3月6日(日) C57「長浜楽市」号

最近でこそ日本各地のJR路線上でSL=蒸気機関車の運転が盛んになったが、昭和時代の終わり頃、それは山口線での定期運行を除けば、滅多に見られないものだった。

1988(昭和63)年の春、京都と長浜を一往復する「長浜楽市」号というC57型SLが引っ張る臨時列車の運行が発表された。
 その当日、超望遠レンズを携えて山科駅まで撮影に出掛けた。

19880303-2

ホームに着くなり、DD51がけん引するお座敷列車「あすか」が京都の方を向いて通過していった。
 このお座敷列車「あすか」は、1986(昭和61)年末に山陰線の余部鉄橋で落下事故を起こして廃車となった「みやび」に代わるものとして1987(昭和62)年に登場したものだが、今年(2016年)まで残っており、この7月と10月に廃車のため吹田総合車両所に回送されたというニュースが流れていた。ただ、近年は全く運行されていなかったようだが…。

19880303-3
19880303-4

当時は黙ってても何本もやって来たのが485系の特急「雷鳥」だったが、それに混じって、これも今年(2016年)の3月まで一日に1本だけ京都を通っていた特急「しなの」(381系)が通過していった。

19880303-1

しばらくすると、今度はEF65にけん引された「あすか」が、先ほどとは逆方向にやって来た。
 どうやら京都駅で機関車を付け替えて、方向転換までしたらしかった。

19880303-6

ようやく目当ての「長浜楽市」号が姿を現した。

19880303-5

この「長浜楽市」号は、京都と大津の間にある距離の長いトンネル=東山トンネルと逢坂山トンネルをくぐる際、SLの煙が問題になるというので、実は最後尾にEF65型電気機関車を補機として連結していた。
 つまり、この区間に関しては実質的にはプッシュされて走っていたらしい。そのため、比較的、ゆっくりとしたスピードで目の前を通過していったのだった。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。