1978年4月23日(日) 大阪駅

自分が鉄道写真を本格的に取り始めたのは、1978(昭和53)年1月のことだった。
 物心ついた時から鉄道は好きだったが、カメラを初めて手にして写真を撮るようになったのが1976(昭和51)年のこと。しかし、しばらくの間、写真を撮ることと鉄道が結びつかずにいたのは、今から考えれば不思議なことだ。
 当時、何をしていたかと思い返すと、昆虫採集やその飼育、紙飛行機作り、各地の「城」巡り、さらには将棋など、ありとあらゆるものに興味を持っては、それに熱中していた。一つのことだけでなく、いくつものことを同時並行的に興味を持つという、変わった子どもではあった。

友人たちに誘われて始めた鉄道写真。最初のうちは一ヶ月に1~2回ペースで撮影に出かけていた。
 1978年4月末の日曜日、友人たち3人と初めて大阪駅へ写真を撮りに行くことになった。

19780423-7

京都駅よりも、さらに大きな大阪駅。ホームの幅もあり、子どもの自分にとっては、かなり広く感じたことを覚えている。

19780423-1

朝の時間帯、次々と九州方面から特急や急行列車が到着していた。
 当時は寝台車の連結が無い、座席車のみの夜行列車も数多く運転されていた。そのうちの一つ、急行「雲仙」「西海」の併結列車が下関機関区所属のEF58・23号機にけん引されてやって来た。
 同じような夜行列車では、急行「阿蘇」、「くにさき」という列車もあった。

19780423-2

これらの急行は、この時には旧型客車から14系座席車に変わっていた。ただ、既に新幹線が博多まで達していたこともあり、乗客はそれほど多くなかった。

19780423-3

関西から北陸方面へ向かう特急は、長い歴史を持つ「雷鳥」の他に「北越」や「白鳥」が大阪駅を発着していた。

19780423-9

逆に北陸や東北方面からの夜行列車も賑やかで、青森発の急行「きたぐに」が米原機関区のEF58・77号機にけん引され、14両という堂々たる編成で姿を見せた…と思ったら、シャッターを切るのにベストなタイミングで、目の前を友人に横切られてしまった。

19780423-8

この時の「きたぐに」は、郵便車、荷物車、グリーン車(スロ54)、寝台車(10系=A寝台1両+B寝台4両)が旧型客車で、普通車のみ12系座席車(6両)という編成だった。寝台車はA寝台、B寝台があり、座席車にもグリーン車と普通車があり、さらには郵便、荷物車もあるという、何ともバラエティに富んだ列車ではあった。

19780423-5

ここまでモノクロフィルムでの撮影だったが、ここでカラーフィルムに詰め替える。
 再び九州方面からの夜行列車が発着するホームに移動すると、寝台特急「彗星」がやって来た。この時代、関西と九州の大分、宮崎方面を結ぶ「彗星」には583系の電車による寝台列車と、客車であるブルートレインの両方が存在していた。

19780423-4

多くの特急電車が赤い帯だったのに対して、主に寝台特急として活躍していた583系がブルーの帯なのは、客車のブルートレインを意識したものなのだろう。
 この583系もJR西日本からは完全に姿を消し、今ではJR東日本に僅かに6両が残るのみとなっているが、この写真を撮った時から38年後の今になっても、まだ現役で活躍する車両が残っているのは凄いことだ。

ここで、大阪駅に到着する主な夜行列車が無くなり、もう一つの目的地でもあった、弁天町の交通科学館に移動した。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。