1987年3月31日(火)~4月1日(水) 国鉄最後の日~JR最初の日

1987(昭和62)年の3月31日、国鉄が最後の日を迎えた。
 その日は全国各地で「国鉄」を惜しむお別れイベントが開かれていた。

19870331-1

夕方、京都駅に行くと、案内看板などが次々と「JR」の文字が入ったものに取り替えする作業が進められていた。

19870331-2

この日は新大阪駅で行われるイベントに行くため、京都駅で主に東海道線下り列車が発着する4・5番ホームへ降りると、既にホームに掲げられた大きな路線図の表示はJR仕様になっていた。

19870331-3

新大阪駅では、国鉄の大阪鉄道管理局が主催するお別れの式典として、大阪から九州へ向かう寝台特急「あかつき」の発車式が行われることになっていた。
 京都駅から新快速電車に乗って、新大阪駅に着くと、式典が行われるホームの上は集まった鉄道ファンと報道陣でいっぱいだった。

19870331-5

ブラスバンドの演奏が行われる中で、乗客の代表として選ばれた夫婦?と、運転士、車掌さんに花束の贈呈が行われた。

19870331-4

同じ夜、東京駅や上野駅では、JRとして分割民営化される、それぞれの本拠地へ向けて「旅立ちJR号」の発車式が行われていた。
 東京駅からは「旅立ちJR東海号」が名古屋へ、「旅立ちJR西日本号」が大阪へ、「旅立ちJR四国号」が宇野駅で宇高連絡船を経由して高松へ、「旅立ちJR九州号」が博多へ向けて発車し、上野駅からは「旅立ちJR東日本号」が仙台へ、「旅立ちJR北海道号」が青森で青函連絡船を経由して札幌へ、それぞれ出発して行った。

新大阪駅での撮影を終えて京都に戻り、一旦帰宅したが、翌日も朝早くから京都駅に行く予定だったので、それほどゆっくりは出来なかった。

19870401-6

翌朝、京都駅の6・7番ホームに降り立ってみると、JR化を祝う祝賀列車の出発を知らせる大きな看板が掲げられていた。
 この時、まだ瀬戸大橋は完成してなかったので、瀬戸大橋を一望することが出来る鷲羽山に行ったり、下津井港から観光船に乗って、完成間近の瀬戸大橋を眺める…という旅だったのだろう。
 確かに、この当時、完成間近の瀬戸大橋を見に来る観光客は多かった。何せ、そのすぐたもとに母方の実家があって、その光景を実際に目にしていたのだから。

19870401-4

6・7番ホームの東端は混んでいたので、隣の京都駅の4・5番ホームに移動して待っていると、朝日が差し込む中、前夜に東京を出発した「旅立ちJR西日本号」がやって来た。

19870401-5

最後尾に連結されていた展望車マイテ49のデッキには、鉄道ファンには馴染みの深い吉村光夫アナウンサーが立っておられた。どうやら番組の中継が入っていたらしかった。

19870401-1

京都駅には数分は停車していただろうか。そんな短い間にホームの端から端を走り回って、今度は先頭側へ。

19870401-2

しばらくして、汽笛が鳴り、終着駅の大阪へ向けて発車して行った。最後尾の展望車デッキには、テレビカメラマンが乗っていた。

今、こうして振り返ってみると、カラーフィルムを詰めたカメラと、モノクロフィルムを詰めたカメラの2台をぶら下げ、しかも片方には買ったばかりの300/2.8+テレコンバーターという巨大な望遠レンズを付けていたのに、よくもまあ隣のホームから移動したり、さらにはホームの端から端まで走ったりしていたものだと思う。その若さゆえのフットワークが、今となっては懐かしいし、羨ましい。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。