1984年1月22日(日) 別府鉄道

かつて兵庫県の加古川周辺の海に近い所に、別府(べふ)鉄道というローカルな私鉄があった。
 貨物輸送が主体の鉄道だったが、利用人数は少ないながらも旅客運送も行っていた。

ところが、1984(昭和59)年の2月1日に国鉄が行うダイヤ改正で、その貨物輸送の形態が大きく変わることになった。
 それまで国鉄の貨物輸送には2通りあり、貨物取扱い駅同士を結ぶ直通の貨物列車(主にコンテナ車や、鮮魚といった専用列車)と、各貨物取扱い駅から集まった貨車をヤードと呼ばれる操車場で1両単位で行き先別に振り分ける貨物列車があった。
 しかし、直通の貨物列車はともかく、いちいちヤードで振り分ける後者の方は、時間と手間が掛かる。当時、巨額の赤字に悩まされていた国鉄は、ヤードを必要とする貨物輸送を廃止し、コンテナ車主体の輸送に変換することとしたのだった。このとき、貨物だけではなく、郵便輸送を行う郵便列車も合わせて廃止され、トラック輸送に切り替えられた。

そんな貨物輸送の大変革をモロに受けたのが別府鉄道だった。国鉄との接続駅での貨物取扱が廃止になったことで、別府鉄道もまた廃止という決断をしたのだ。

廃止を前にした1月の日曜日、加古川駅から高砂線に乗る。2両編成の列車がホームに止まっていた。

19840122befu3

この高砂線も、いつ廃止されるかという赤字路線だったが、結局、同じ1984(昭和59)年12月1日をもって姿を消した。
 その高砂線の野口駅にて、別府鉄道野口線の古い気動車(ディーゼルカー)に乗り換えるが、数分しかなかったので、そこで写真を撮る暇は無かった。

19840122befu2

1両編成の小さな気動車は、元は国鉄で使われていたものだったが、車内の方は別れを惜しむ鉄道ファンの姿ばかりで、地元という感じの人の姿は全く見当たらなかった。

終点の別府港で降車。周囲には工場ぐらいしか見当たらず、本当に何も無い所だった。

ほどなく、国鉄土山駅との間を結ぶ土山線の列車が来たが、これは貨車3両と客車2両を小さなディーゼル機関車が引っ張る「混合列車」だった。

19840122befu4
19840122befu1

小さな客車は、貨車と同じ2軸の車両なので、かなり小さくて狭かった。おまけに、かなり古い。
 当然、乗り心地も貨車と同じぐらい悪く、とてもじゃないが1時間とか2時間も乗る気がしない。でも、明治時代の人とか、こんな感じの小さな2軸客車で旅を楽しんでいたのだろうなと思った。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。