1988年3月11日(金)~14日(月) 青函トンネル開業・その1

国鉄がJRに変わって1年が過ぎようとしていた1988(昭和63)年3月、27年の歳月をかけて建設された青函トンネルが開業の日を迎えた。
 その日となる3月13日(日)は、運航最終日を迎えた青函連絡船と、開業初日の青函トンネルの両方で利用が可能という、特異な一日になった。

その前の3月11日にJRでは、全国ダイヤ改正が行われていた。ところが、青函トンネルの開業がダイヤ改正から2日後の13日だったため、それに関連して廃止されたり、運転区間の変更、または新規に走る列車などは、11日以降にそれが行われた。

19880311yuduru3
19880311yuduru2

3月11日の夜、上野駅では廃止されるブルートレイン「ゆうづる」のお別れ出発式が行われていた。客車であるブルートレインと、電車の寝台特急の両方あったのが「ゆうづる」で、そのうち客車を使う列車が姿を消すことになったのだが、それは青函トンネルの開業に合わせて、上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」が生まれることになり、そこへ車両を転用するためでもあった。
 本来、夜行列車の廃止とかだと、最終列車の出発式はダイヤ改正の前日までに行われるものだが、新ダイヤになった当日になってから最後の運転が行われる(=夜行列車なので、翌12日まで走ることになる)のは、当時でも珍しいケースだった。

19880311dewa1

そんなお別れの様子を横目に、なぜか自分は寝台特急「出羽」に乗り込んで秋田へ向かった。こちらは静穏そのもので、車内には空席もあった。
 秋田から特急「いなほ」に乗り継ぎ、ようやく青森へ。

19880312aomori1

青森駅のホームでは、テレビ局が中継する準備をしていた。

19880312aomori419880312aomori319880312aomori2

翌日に青函トンネル開業を控えていたが、その前日も、ごく普通に連絡船と列車を乗り継ぐ人たちの姿が見られたし、貨車の積み込みも行われていた。

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。