1992年9月6日(日) 近鉄・北勢線

JR在来線の線路幅は、いわゆる狭軌と呼ばれる1067mmだが、新幹線は標準軌と呼ばれる1435mmになる。でも、日本国内には、その狭軌より狭い線路幅の鉄道がある。

その一つが762mmの線路幅で、一般的にナローゲージと呼ばれているのだが、かつて日本国内には、そのナローゲージの路線が数多く存在していた。それらは「軽便鉄道」と称され、規格が低いことで建設費用も大幅に安くできたので、日本全国に張り巡らされた国鉄路線を補完する形で、まだ自動車が普及していなかった戦前を中心に、各地に建設されたのだった。

しかし、戦時中に「不要不急路線」として金属供出で撤去されたり、戦後になるとモータリゼーションの波に押され、高度成長期の頃には各地で姿を消していった。

その中で、時代が平成になるまで生き残っていた路線がいくつかあった。その一つが、近鉄の北勢線だった。

その近鉄北勢線で、61年に渡って活躍していた220系という電車が姿を消すことになったのが1992(平成4)年の夏だった。

ナローゲージゆえ、向かい合わせに座れば、膝がぶつかりそうな狭さの車内だが、外観も幅が狭いので縦長に見え、パンタグラフが異様に大きく見える一方で車輪が小さく見えて、どこか不格好だった。でも、そこがユーモラスという感じがしたのも事実。

19920906kintetsu2

訪れたのは9月6日だったが、既にお別れのヘッドマークが飾られていた。まだ残暑厳しい中、クーラーも付いてない電車は、窓を全開にして走っていた。

19920906kintetsu3

数少ないナローゲージの路線だが、ローカル私鉄で経営が厳しいゆえに、何度も廃止の話が出たりした。が、その後、近鉄から三岐鉄道に移管されて、路線そのものは今も存続している。

写真の220系電車も一部が保存され、今も姿を見ることができるのは嬉しい限りだ。

19920906kintetsu4

紙面連載

京都鉄道博物館の学芸員が車両や信号など分かりやすく紹介します。 >>

鉄道関連ニュース

京都新聞の撮り鉄カメラマン“カジやん”が、1978(昭和53)年から現在に至るまで、京都を中心に日本全国で撮影した鉄道写真を紹介します。

注*掲載写真の中には、現在は地形などの変化で撮影することができない場所や、撮影対象そのものが存在しなくなったものも含まれます。必ずしも現状とは一致しませんので、あらかじめご了承ください。