サワガニの家作り



お気に入りの場所、ゆずらないよ

2月サワガニ_p

京都水族館の「山紫水明(さんしすいめい)」エリアで展示しているサワガニは、岩の下や水草の中といった場所を好みます。水槽(すいそう)内でもより安心して暮らせるように、それに似た環境(かんきょう)を再現しているのですが、どうしても来場者には見えづらくなってしまいます。どうにか姿を見てほしいと、岩の配置を変えるなどして、見えやすい場所に隠(かく)れ家(が)を作ろうと工夫しています。それでも、水槽を通りかかるたび、隠れてしまっているのではないかとドキドキします。

ある日、ふと水槽に目をやると、アクリルガラスの側(そば)に置いてある岩の近くで何かがごそごそしていました。のぞいてみると、サワガニがハサミを使って一生懸命(けんめい)に岩の下から砂をかきあげて穴を掘り、家作りをしていました。私が見えやすい場所に隠れ家を作ったにもかかわらず、気に入らなかったのか自分で好みの家を作ることにしたようす…。

ただ、残念ながらその家は頑張(がんば)って穴を掘りすぎたのか、崩壊(ほうかい)してしまいました。

私が元に戻したあとも、よっぽどその場所が気に入ったのか同じ場所に家ができていました。良かったと思いながらも、私が作ったわけではないので複雑(ふくざつ)な気持ちですが、自慢(じまん)の家に入っているサワガニに会いにきてください。