元気なミナミアメリカオットセイ



子ども同士、無邪気に遊び夢中


「オットセイ」エリアには現在、2頭(とう)のミナミアメリカオットセイの子どもたちが暮らしています。昨年の6月26日に生まれた男の子の「あおば」と、7月7日に生まれた女の子の「みやび」です。どちらのお母さんも初めての子育てだったので、少し不安もありましたが、私たちの心配をよそに上手に授乳(じゅにゅう)するなど熱心な子育てぶりでした。そのかいもあって、2頭は元気いっぱいに成長しています。

あおばはとても好奇心旺盛(おうせい)で、私たちが膝(ひざ)をついて座っていると自らその膝に乗ってくるなど、飼育スタッフにも興味津々(しんしん)。みやびはお母さんに似たのか、少し怖(こわ)がりなところがありましたが、いろいろなものを見たり自分から触(さわ)ったりできるようになってきました。

そんなあおばとみやびは、昨年10月に展示プールにデビューしました。最初はそれぞれのお母さんと一緒にいることが多かったのですが、少しずつあおばとみやびが一緒にいる姿を見かけることが多くなり、今では2歳年上の女の子「てまり」も加わって、3頭で仲良くじゃれあったり、お気に入りの岩場のてっぺんを取りあったりと楽しそうに遊んでいます。こうしてほかのオットセイと関わったりさまざまな出来事を通して、あおばとみやびの世界は広がっているのかなと感じ、うれしくなります。

今の時期しか見られない表情やしぐさはとてもかわいらしいです。皆さん、ぜひ会いに来てください。