クマノミ見に来て

「クマノミの洞窟」では日本近海で見ることのできる6種類のクマノミの仲間を観察できる(京都市下京区・京都水族館)

「クマノミの洞窟」では日本近海で見ることのできる6種類のクマノミの仲間を観察できる(京都市下京区・京都水族館)

日本近海の6種集め「洞窟」誕生

日本近海で見ることのできる6種類のクマノミを観察できる「クマノミの洞窟」が京都水族館(京都市下京区)に設けられた。ディズニー映画の主人公にもなったカクレクマノミもおり、子どもらの人気を集めている。

六つの水槽に分かれて計約20匹が展示され、イソギンチャクとの共生や群れで生活する様子を観察できる。種類によって大きさが3、4倍ほど違ったり、色や模様が異なったりすることも分かる。

父親の実家に帰省中だった小学4年の元生りまさん(9)=千葉市=は「顔のまわりにある模様がかわいかった」と話していた。

日本近海ではカクレクマノミの他、クマノミ▽ハマクマノミ▽ハナビラクマノミ▽セジロクマノミ▽トウアカクマノミ-が生息している。

9月30日まで生態などを解説する「館長のおさかな教室」を開いている。当日受け付けで午前10時半と11時半からの2回。小学生対象で先着5人。要入館料。