オオサンショウウオ

水中でえさの魚の切り身をもらい食事するオオサンショウウオ

水中でえさの魚の切り身をもらい食事するオオサンショウウオ

あわてんぼうのオオサンショウウオ

「京の川」の鴨川水槽(すいそう)の深場に目を向けると、大きな体を重ね合わせてゆったりと休んでいるオオサンショウウオが目に入ります。

世界最大級の両生類(りょうせいるい)と言われるオオサンショウウオですが、生まれたばかりの頃は3センチほどしかなく、大きな魚などに襲(おそ)われるほどか弱いのです。しかし大きくなるにつれて、川の中では生態系(せいたいけい)の頂点に立ちます。

オオサンショウウオの平均的な大きさは60~70センチですが、最大150センチになると言われています。こんなに大きな体を維持(いじ)するためには一体何を食べているのでしょうか。

オオサンショウウオは雑食(ざっしょく)性で、主にサワガニや川魚を食べています。目の前に来た動くものなら何でも食べる待ち伏(ぶ)せ型。カメや水辺の鳥などを食べた記録もあります。

京都水族館では川魚のウグイやアユ、ハスなどをあげています。魚の切り身を専用の棒(ぼう)につけてオオサンショウウオの目の前で“プルプル”と生きているように動かすと、その動きに反応したオオサンショウウオは普段(ふだん)の動きから想像もできないほど俊敏(しゅんびん)な速さで、大量の水と一緒にパクリッと丸のみにしてしまいます。その動きには隙(すき)もなく百発百中のように見えますが、意外と失敗も多いようです。

水族館でも目の前まで持っていっているのに勢いが良すぎて失敗する事も…。そんな瞬間を見ると「そんなに慌(あわ)てなくても~」とついクスッと笑ってしまいます。いろいろな表情を見せてくれるオオサンショウウオ、皆さんもぜひ新しい一面を見つけてみてください。